リモートワーク

リモートワークで業務報告を速くわかりやすく書く(その1)

「何回も書き直しをして、業務が終わらない」
「わかりやすく書いたのに、伝わらない」
「話が噛み合わず、やりとりの往復がとまらない」
こんなモヤモヤ、ありませんか?

私たちは、社員全員がリモートワーク。
特に社外の方とのやりとりで
悩むことが多いです。

リモートワークは文章でコミュニケーションが成り立つ

ちなみに、私たちの毎日はこんな感じです。

チャットにて、
「おはようございます。作業開始します。」
「郵便局に行くので、30分ほど席外します」
「子どもを迎えに行ってきます」
「本日終了します。」

2001年から、全社員・完全リモートワークで
Webシステム開発を行ってきました。

リモートワークは、対面より圧倒的に
「文章でのコミュニケーション」
が必要なのです。


コミュニケーションは、技術力と同じぐらい重要

2016年の社員旅行で、仕事の課題を付箋に書きまくって、
ブレストしたことがあります。

貼られた付箋を仕分けてみると、
「人」と「技術」に関係するものが、ちょうど半々でした。
                            
人に関わる課題とは、ずばり、コミュニケーションの問題 。
                    
前向きに考えれば、
「コミュニケーションを改善すれば、
技術力をアップするのと同じぐらい効果がある!」


付箋の量の多さを見て、みんなで実感しました。



わかりやすく書こうとすると、時間がかかる

コミュニケーション(私たちの場合は主にテキスト)は大事だとわかっていても、
すぐに上手にできません。

お客様に、毎日、簡単な業務報告を書いていたAさん。

わかりやすく書けているか、社内で相談すると、作業内容にまで意見を言われ、
いつまでたっても、まとまらず・・・
書いている途中に子どもを迎えに行く時間になって、一旦中断。
もどってきて続きを書いて、
結局2時間ぐらいかかってしまった。

そもそも、読んでもらえない、こともある

お客様に、システム仕様の説明資料をエクセルで書いていたBさん。

時間をかけて、図解して、丁寧に説明を書いていたが、
どうも、伝わっていないと思ったら
スクロールが必要な箇所は、
全く読まれてなかった・・・

文章力をアップしないと、仕事がなくなるかも!

リモートワークでは、
「文章力=コミュニケーション力」


お客様が、仕事の依頼をする時の
判断材料にもなるのです。

リモートワークでチーム開発するときも
文章力は欠かせません。

リモートワーカーにとって
文章力の問題は、
とても、切実なのです。

リモートワークで業務報告を速くわかりやすく書く(その2)へつづく

関連記事

リモートワークで業務報告を速くわかりやすく書く(その1)
リモートワークで業務報告を速くわかりやすく書く(その2)
リモートワークで業務報告を速くわかりやすく書く(その3)
リモートワークで業務報告を速くわかりやすく書く(その4)