セミナー

Googleスプレッドシートでチーム力をアップ!

Googleスプレッドシートは、無料で、スマホでも、パソコンでも、家でも仕事場でも、どこでも誰でも手軽に利用できるクラウドサービスです。特にチームで何かするなら、同時編集もできてとっても便利ですよ。より信頼性の高いビジネス向けの、Google Apps for Work(旧称:Google Apps for Business)もあります。



1.新規スプレッドシートを作成



アプリを起動したら右下の「赤いプラスボタン」
タイトルを入力し、「作成」

2.文字を入力



セルをダウブルタップすると文字が入力できます。
入力が終わったら「確定」→「チェックマーク」

矢印のアイコンで、やり直し、また戻すことができます。



3.操作をクリアしたいとき

シート上のどこか別の場所をタップすると、操作がクリアされます。

4.文字の色、サイズ、取り消し線、中央揃え、上付き、下付きなど



変更したいセルを選択状態で、書式設定アイコン「Aマーク」→テキストにて各操作ができます。

  • 太字、斜体、下線、取り消し線
  • 左、右、中央揃え、上付き、縦中央、下付き
  • 文字サイズ変更
  • 文字色変更
  • フォント変更

5.罫線、塗りつぶし、テキスト折り返し、セル結合、書式

変更したいセルを選択した状態で、書式設定アイコン「Aマーク」→セルにて各操作ができます。

  • 塗りつぶしの色
  • 枠線
  • テキストを折り返す
  • セルを結合、数の書式
  • 小数点以下の桁数
  • 書式をクリア

数字をカンマ区切りにする



変更したいセルを選択→書式設定アイコン「Aマーク」→セル→数の書式→数字。
「←表示形式」で戻る→数の書式メニューの下にある小数点以下の桁数うを変更(メニューは下に隠れているので上にスライドすると表示されます)

6.枠の固定



固定したい列名(A、B、C・・・など)の部分をタップ→もう一度タップすると、黒いサブメニューが表示されます。黒メニューの右向き△をタップすると、さらにメニューが表示されます。「列を固定」を選択します。

行を固定したい場合は、行番号の上をタップ→もう一度タップで、黒メニューが表示されます。「行を固定」を選択します。

7.共有設定(他の人と一緒に使う場合)

ユーザーの追加



人アイコンが見えていない場合は、左上のチェックマーク→人アイコン
追加したいユーザーのメールアドレス、メッセージを入力。編集アイコン(鉛筆マーク)で閲覧権限を設定できます。
最後に右上の送信アイコン(飛行機マーク)をタップすると、招待メールが届き、同じ画面が見えるようになります。

リンクを知っているだれでも閲覧や編集ができるようにする。



ユーザー追加画面の右上の設定アイコン(縦に点3つ)→アクセスできるユーザー→リンクの共有:OFFをタップすると、公開設定になります。
リンクを教えてあげると誰でも閲覧ができます。
目のアイコンで権限を変更できます。リンクの共有をオフに戻すこともできます。

リンクをコピーする



一旦画面を戻り、右上の設定アイコン(縦に点3つ)→共有とエクスポート→リンクをクリップボード

パソコンでできること

  • 画像の表示はiPhoneアプリではできないようです。
  • 誰かが変更した内容を元にもどす(ツール→変更履歴)
  • パソコンではGoogleドライブから削除したファイルを元に戻すことができます。
  • 誰かが変更したらメールで通知する設定ができます(ツール→通知ルール)

その他

他の人と共有しているファイルの編集操作に自信がなければ、最初にコピーを作成しておくと安心です。
エクセルファイルを読み込む事ができるので、カレンダーなどエクセルで配布されているテンプレートを利用することができます。